sakusakuflower0914’s diary

日々の美味しいオイシイ発見をお伝えします!

築地祭りに行って見つけた!昨年度OPENの「築地魚河岸」のコスパ

築地祭りに行ってきました。お祭り自体は、そんなに規模が大きくなく、「地元の神社のお祭りのような規模」で「露店だけ築地にちなんだ「鮪まん」だとか「鮪カマ焼き」だとかが並んでいるだけ」という、若干期待外れのお祭りでした。

とりあえず、「ビールのおつまみ」になりそうな「海鮮」が目当てだったので、500円の生ビールを飲んだくらいにしてその場を離れ、築地市場の方に向かうことにしました。

 

日曜の昼なのに、お祭りの影響もあってか混んでいました。特に以前よりも中国系の観光客が増えたような印象を感じました。お店もそちらをターゲットにしたような趣に変わっているようで、「数年前とは変化した」築地にビックリしたところです。

 

お祭りに合わせて、卵焼き串やフルーツ串、その他、いろいろなものが並んで、歩きながら食べられるような楽しい感じ。意外にもイチゴ大福、わらび餅なんかもありましたが、ビール片手におつまみを探している私たちは、美味しそうなさつま揚げを見つけては食べ歩き食べ呑み・・・。最高でした。

 

もう少し奥に行くと「築地魚河岸」があり、その日の目玉はこちらでした。

trip-s.world

 

昨年度OPENしたその施設は、「小田原橋棟」「海幸橋棟」2棟からあり、大きい方の「小田原橋棟」は特に見ごたえがあって、飲食店や市場が並び、屋上ではテラスのような広い広場になっていて、そこでも飲食ができ、ビールやワイン、ソフトクリームなども売っています。ビール片手に市場に入ると、築地市場で目にした値段の半額以下のお刺身や生牡蠣など、信じられないくらいの破格な品が立ち並んでいました。お店の人も気さくで、とっても楽しく買い物し、無事ビールのつまみも手頃に買い、小奇麗な屋上テラスでのんびり日曜の昼下がりを堪能できました。牡蠣がミルキーで、「うま~い!」

生牡蠣は1つ350円、いくらサーモンは500円という安さ。

 

「今度からは、築地市場よりも築地魚河岸に直行だ!」と心に決めた日でした。

コスパ全国一!板橋のALL100円居酒屋「SHOWA」

SHOWA - 「焼き牡蠣3個」220円SHOWA - みんなサラダは掟を守ってるねSHOWA - MIXピザ 100円 具沢山でしたよ~SHOWA - 料理コーナー2SHOWA - 料理コーナー8

こんな店が板橋にあるとは!

JR板橋駅から10分弱歩けば到着するこのお店「SHOWA」はなんと、1コインの居酒屋。1コインといっても、500円ではありません。なんと「100円!」

ALL100円のJR板橋駅から徒歩約10分の居酒屋「SHOWA」に行ってまいりました!

 

システムは簡単で、11枚綴り1100円を最初に購入し、そこで100円チケットをもぎとって使用していくチケット制。もちろん、お通しや席代はいりません。

ほとんどの品が100円、例外は焼カキ3個220円、ジョッキビール300円など、いくつかありますが、それでも、ビールもグラスだと100円です。

 

味もなかなかで、ふつう~美味しいのラインに入る味。5段階でいくと、3か3+といった感じでしょうか。そこにこの値段の安さが入ると100近くまで跳ね上がる!というコスパのとんでもなく高いお店なんです。

 

セルフサービスのため、学食のように自分で皿を選び、カウンターにチケットと交換で差し出すスタイル。しっかり温め直してくれるので、あったかいものはあったかく食べられます。

大画面?のテレビもあるので、テレビを見ながら楽しめます。椅子もあり、立ち席もあります。一人もいればサラリーマンの団体もいて、カップルもいれば若い女性のグループもいる、という光景。比較的若い人が多いのは、近くに大学が2つもあるからかもしれませんね。

ふだん使いにもよいし、ネタにもなるし、楽しくてお財布に優しい安心のお店。

ぜひぜひ、行ってみてください!

 

赤羽の中華なら西安餃子★おすすめはよだれ麻辣水餃子!

またもや、赤羽の美味しいところをご紹介します。

ここのお店「西安餃子」はチェーン店で数カ所に点在している中華料理のお店ですが、

赤羽駅の北改札を出てすぐ目の前にあり、しかも曜日によってお酒が半額になっていたりして、とってもお得。何よりも、「よだれ麻辣水餃子」というものがとっても美味しいのです!!

 

https://tabelog.com/tokyo/A1323/A132305/13017176/dtlmenu/

しかも、なんと490円という安さ!

名前のごとく、よだれが出るほど美味しい・・・。甘さと辛さが絶妙で、このたれがとっても美味で止まらなくなります。お酒を何杯でも飲みたくなってしまうような止まらないやめられない、やみつきの餃子。

水餃子にはもともと目がないのですが、ここの餃子は水餃子ほどあっさりもしていなく、焼餃子ほど油っぽくなく、中華のよいところを併せ持つ、究極の一品でした。

しかも、パクチーがほんのり乗っているところが粋なんですよ!

パクチーは今では大人気の食材なので、なかなか使ってくれるお店は少ないもの。あっても「パクチー押し」のことが多く、肝心な料理がそうでもなかったり。この品は、これでもか、とダメ押しに乗せているような気がしました。

 

ちょっと辛いことを書きますと・・・。

焼餃子も頼み、食しましたが、正直、そうでもなかったのです。ふつう、といいましょうか。(ここのお店のイチオシでしたが・・・)

やはり、この「よだれ」ワードが入っているたれ・ソースがとっても大切、というか私を興奮させた原因のようです。

 

次にこのお店に行ったら、「よだれ」がつく他の品もあったので、トライしてみたいと思います。

ぜひ、赤羽に足を運ぶ機会があったら、この「よだれ麻辣水餃子」を食べてみてください!

 

 

夏休み特集☆第2弾 東京でフルーツパーラーなら果実園♪その2ケーキ

前回に引き続き、フルーツパーラー果実園のご紹介をしたいと思います!

数々のフルーツパーラーの中でも、営業時間が長く、しかもランチでコストパフォーマンスの高さを見せてくれるお店、果実園。店舗も目黒駅付近のリーベルをはじめ、東京駅八重洲口、新宿バスタと3店舗展開しています。

今回は、第2回として「ケーキ」についてお話します。

パフェは見ればわかるとおり&たくさんの人がインスタ等に挙げていて魅力を話しているかと思うので、あえて話さないことにしますね。

 

果実園のケーキは「ズゴット」と呼ばれる大きなサイズにフルーツがぎっしり入ったものがあります。ボリュームに比例して値段もそこそこしますが(1,080円~)

ドリンクと一緒に注文するとセットで安いですし、その値段に裏切らない美味しさがそこにあります。フルーツはちょうどよく熟した、最適な状態でいただけますし、クリームがとっても軽くてふわふわ。大きいはずなのに、あっと言う間に食べられてしまうという不思議な感覚の極上のひとときが味わえます。

私はもともとお酒が好きで、甘いものは得意な方ではなく、ケーキは残してしまうことも。しかし、ここのケーキはジャンボサイズなのに簡単に食べられてしまうのです。特にチョコバナナが好きで、ペロッと食べられてしまうところがたまらない!

しかも、美味しくて軽いから、ランチの後にズゴット、コーヒーなんていうこともできちゃったり。。ランチもアフタヌーンティーもできるので、長時間入り浸ってしまいたくなるお店なんです。

店員さんがテキパキしているので、活気もある店内。フルーツやパフェなどの美味しそうな写真もいたるところに飾られているので、好きなフルーツに囲まれた気持ち良い空間の中にいることができます。

海外からのお客さんも東京駅のお店では多く見られ、日本での有名なスポットになっているようですね。写真を撮りまくっている海外の女性たちもいました。男性も喜んでパフェやフルーツをほおばっている姿も見られ、思いっきりジューシーで甘いものをいただける、幸せに満ちた空気いっぱいなお店。

 

フルーツ好きにはもちろん、甘いものが得意でない男性の方とも一緒に訪れることができるフルーツパーラー、果実園、ぜひ一度行ってみてください。

 

 

 

 

 

夏休み特集☆第2弾 東京でフルーツパーラーなら果実園♪その1ランチ

あー。ここはあまり教えたくないところだなあ。という大好きなお店。「果実園」。創業数十年のアトレ目黒にあったお店が数年前に閉店になり、現在は目黒駅近くの「果実園 リーベル」と東京駅八重洲改札口付近にある「果実園」の2店舗、そしてつい最近オープンした新宿駅バスタ新宿2F。ここで認知度をグンと上げてきているので、知っている人が増えてきているかと思います。いずれの店舗も、いつでも大変にぎわっています。

とにかく、ここのフルーツのクオリティーが高い!いろいろな老舗フルーツパーラーがありますが、私の食べ比べの結果、ここが一番「コストパフォーマンスが高い」と認定いたしました。

語るべきことがたくさんあるので、数回に分けてご紹介しますね。

今日は、「第1回ランチ」ということで語ります。

「え?ランチ?」とお思いでしょうが、そうです、フルーツパーラーのランチ、ここ最高なんです。

★ランチタイムサービス 11:00~14:30★

すべての料理にサラダと3品のフルーツ、そしてコーヒーか紅茶が付きます。プラス料金で本日のフルーツジュースにすることもできます。

ここのローストビーフ(パン・ライス付)1,180円のボリュームが最高!豪華でしかもジューシー、食べごたえがあります。また、カレーも美味しいですし、フルーツサンドは言うまでもない、っていう感じですね。付け合わせのフルーツがフルーツパーラーの本格フルーツで、しかも飲み物もサラダもついて1,000円前後で食べられるなんて、夢のような世界なんです!

今まで、お母さんや友人を数人連れていきましたが、全員「ここ、最高!」「また来たい!」と大好評でした!

昼時は行列ができるので、14時すぎか11時ごろに行った方がいいかも。

フルーツだけじゃなく色々欲張りたい方には絶対に行ってほしい、おすすめのお店です。

 

ここでお得情報。

ランチタイムやモーニングタイムは、お食事メニューしかテーブルにありません。パフェなども頼みたい人はがっかりしてしまうかもしれませんが、頼めます。「パフェ等のメニューをください」と店員さんに伝えて持ってきてもらってください。お店としては、繁忙時間はできるだけ頼んでほしくない&時間がかかってしまうようですが、それを目的に来る方も少なくないはず。せっかく行ったのなら、勇気を出して言ってみてくださいね。

 

 

 

夏休み特集☆東京 お土産でおすすめは治一郎のバームクーヘン

治一郎のバームクーヘン。これ、美味しいです!

数あるバームクーヘンの中でも、これは群を抜くと思います。お土産で買っていくと「こんなに美味しいバームクーヘン、食べたことない!」と感動されました。バームクーヘンでありがちな「パサつき」「重たさ」がなく、しっとりしているんです。口当たりも軽く、いくらでも食べられちゃう気がします。

2切れカットで小分けになったものもあり、ホールサイズでは、1,080円のものと1,944円のものがあります。絶対に、高い方を買ってください。全然味が違います。

高い方と言っても、大して値段が変わらず、しかもバームクーヘンは他のケーキと違ってお手頃なお菓子なので、ちょっとリッチにいっても全然問題ないでしょう。迫力あるサイズ感、しかもここのお店は包装がお上品。よって、お土産としても喜ばれます。

 

期間限定で、いろいろな味バージョンも楽しめるのがうれしいところ。春は桜バウム、夏はレモンバウムなど。春の桜バージョンはとってもかわいらしかったので、お土産で持っていったら大ウケでした!

 

ラスクなどの商品も展開していますが、やはり王道のバームクーヘンを買えば間違いなしです。

 

バームクーヘンなら治一郎でしょう。

大宮駅構内エキュート(ecute)大宮 タイ料理 「カオマンガイキッチン」 第3弾 ジンジャーソースの破壊力!

いよいよ3回にわたった大宮駅構内のタイ料理「カオマンガイキッチン」の紹介も最終回になりました。今回は「ジンジャーソース」についてお話します!

あんまり教えたくない~っていうくらい、このジンジャーソースにとりこ。以前にもお伝えしましたが、多いときは一日に2回もこのお店に足を運ぶことも。その理由の8割は、このジンジャーソースに会いに来ているのです!

テーブルには、自由に使えるソースが4種、ナンプラーなどの調味料が4種並んでいるのですが、このジンジャーソース(白っぽいもの、緑も混じっている)がとにかく最高なんです。ジンジャーの美味しさが濃縮、レモンっぽいものも入っているのかどこかさっぱりしていて、どの料理にも合うし、単品でソースだけ食べてもとても美味。私はこれを山ほどかけていつも食しているのです。時にはビールのおつまみにしながら(笑)他の「タオチオソース」もピリ辛で美味しく、コンビネーションで食べることもありますが、このジンジャーソースの破壊力ときたら、ぶっちぎり・・・。お店の人に「売ってください!」と懇願したいくらいなんです!!

好きすぎて、自宅でも似たようなものを作ったのですが、ちょっと酸味が足りなかったり、ジンジャーの辛味が出てしまったりと、上手に再現できず。やはり行くしかないんですよね~。

 

あ~、言っちゃった(笑)

ソースがなくなる日が来るのが本当に怖いのです。なくなればすぐに補充してもらえるのですが、テーブルに置かなくなってしまうのが本当に恐怖。

それくらい、この「ジンジャーソース」、すごいんです。

 

 

大宮駅構内エキュート(ecute)大宮 タイ料理 「カオマンガイキッチン」 第2弾 朝食・モーニングメニューのグリーンカレーの脅威

 

 

駅構内特集の第2弾!大宮駅構内エキュート大宮のタイ料理「カオマンガイキッチン」を3回にわたってお伝えしていますが、今回は第2回「朝食・モーニングメニュー」をご紹介します!

モーニングタイム(7時~10時)朝限定のメニューになっています。お粥が390円とリーズナブルなメニューが並ぶ中グリーンカレー」620円があり、これが相当、うまい!

グリーンカレーのあまり辛くない、でも香辛料がしっかりと効いているところ、まろやかさやまろみ、ゴハンとルーのバランスが「これだー!」って感じなんです!

「味が格別」

「ボリュームあり!」

「鶏肉が得意のプルップル!」

「茄子などのお野菜が大きい」

「空いている」

「オーダー後、5分以内に出る」

「リーズナブル」

こんないいところづくしの朝食なんです!!もともと、グリーンカレーが大好きでアチコチ食べつくし、でもここの通常メニューのグリーンカレーは、特に何も感じませんでしたが「モーニングメニュー限定のグリーンカレー 620円」には、もうとりこになってしまいました。超美味しい!お気に入りです!!

コスパ・最高☆

 

お店が目立たないので、実はあまり混んでいないところも穴場感満載!牛タンの利久、常に行列ができているかにチャーハンの店に挟まれているロケーションなので、「えっ、あったっけ?」という方も多いはず。

 

この「朝限定メニューのグリーンカレー」は、朝しか食べられないのがちょっと残念ですが、なんとか10時までに入店し、一度味わってみてください!

 

次回は、タイ料理「カオマンガイキッチン」の最終回「ジンジャーソースの破壊力」をお伝えします!

 

 

 

 

大宮駅構内エキュート(ecute)大宮 タイ料理 「カオマンガイキッチン」 第1弾バーミーガイ

 

前々回(赤羽構内のユッケジャン麺)に引き続き、駅構内シリーズをどんどんいっちゃいまーす!駅構内だと、改札を出ずにいいので、とっても便利ですね。通勤途中でも、定期券範囲で寄れちゃったりもしてリーズナブル!ウフフ♪

 

今回は、大宮駅構内のエキュート(ecute)大宮にあるタイ料理「カオマンガイキッチン」のお店です!ここも常連中で、多いときは1日2回も出没します(笑)よって、このお店も3回にわたり、特集しちゃいまーす!何が魅力なのか、たっぷりお話しますね。

 

第一弾「バーミーガイ」について。

お店の名前にもなっているカオマンガイではないところが、私らしいのですが(笑)だって、おいしいんだもん!

「鶏肉のプルップル」

「味付けたまごが絶妙」

「麺のボリューム」

パクチーのマッチ」

「コラーゲンたっぷりの鶏スープ」

「バリエーション豊かに食べられるこの設定」

「注文後5分以内に到着」

「880円というコスパ

が私をとりこにしているのです。

鶏肉のこの柔らかさは、正直、神田駅近くで食べたカオマンガイのお店など、どこのお店にも負けない柔らかさ。あまりに気に入って、私も自宅でチャレンジ中!ただ、なかなかこの柔らかさには届かず。。

食べ方もいろいろ!日によって、スープから頂き、麺をつけて食べ、途中で鶏肉やたまごと一緒に麺を食べて、最後にスープを・・・というパターンもあれば、スープだけ飲み干し、麺は8つぐらいのソースや調味料(テーブルの前に置いてあって、自由に使えるんです☆)をつけて食べる・・・というパターンの時も。また、ビールを頼んで、最初に鶏肉さんとたまごを味わって、最後に麺とスープをソースやパクチーとともに食べる・・・なんていう日も。

 

オーダーして5分以内に届くのも、せっかちな私にちょうどいいのも嬉しいところ。

 

ここのお店のおかげで、私はパクチーが大好きになり、スーパーで買ったり、パクチー関連の商品を買うようになりました。

そして、タイにも食べ物のために行きたくなっているイマゲ。

 

次回は、「朝食(モーニング)のタイカレーのコスパ」について語ります!

 

https://tabelog.com/saitama/A1101/A110101/11040273/

ecute

 

 

 

エチカ(Echika)池袋 担担麺 香家を詳しく語る その3ランチのコスパ☆生ビールも

www.koya.co.jp

香家 - 料理写真:痺れる!ホアジャオたっぷりの鬼・担々麺

 

エチカ(Echika)池袋の坦々麺専門店「香家」について、3回に渡り魅力を語っています。

今回は最終回!「ランチ」の魅力について迫ってみたいと思います。何がいいって、以下にまとめました。

 

「香家のランチとは?」

・ランチタイムが異常に長い(11時~16時)

・ランチメニューになると通常メニューよりも数百円安い(たとえば、私の好きな飲茶セットは1,620?円→1,320円だったかな、ちょっとウル覚えですみません(汗)

ザーサイがもれなく取り放題(テーブルの上に置いてある)

・ランチグラスビールが204円!(小ジョッキは290円なので、ジョッキで頼んでます)

ホットペッパーのクーポンを掲示すると、飲茶セットに杏仁豆腐(通常540円?ぐらいだったかな)がついてくる

どうですか、この5大特典は。これを知ってからは、できるだけランチタイムに出没しています。

詳しく語ると、ランチタイムは13時前後が一番混みます。名簿に名前を書いて店の前に並ぶのですが、椅子が数席あるほか、ちょうど店の前がエチカの空きスペースのようになっていて、大きなふかふかのソファーでくつろいで待っていられます。長いようだと、私は下の階のHMVに行って音楽聴きながら時間潰し。

ザーサイもビールもお得ですし、すぐに運んでくれるのもうれしいところ。狭い店舗なのに店員さんがたくさんいる&テキパキしているかな。

杏仁豆腐がこれまた絶品!本格的なんですよ。これ食べちゃうとコンビニやスーパーで売っている杏仁豆腐が「もどき」であることがよーく分かる(笑)通常値段を出しても食べたくなるのですが、私は飲茶セットと一緒に頼んでいます。通常だと担担麺920円+海老蒸し餃子580円(1つは焼売に代わっているため正確な値段ではないですが)+ジャスミンティーなどのティー(ちょっと忘れたけど400円くらい?)+杏仁豆腐(540円ぐらい?)=2440円?ほどの通常メニューが、ランチタイムの5時間以内に行けば、それが1320円!1000円以上のお得ですね!!しかもザーサイ食べ放題にビールも破格にいただけちゃうとすれば、申し分ないです!

ムードも落ち着いていて、ゆったりできるので、女子率も多い!

どうしても中華料理系は「騒がしい」「ちょっと汚い店だけどうまい」「店員さんがぶっきらぼう」というお店が多い中、ここは上品で落ち着いていて、比較的静かで居心地がいいです。角の席は、トライアングル上のソファーみたいなふかふかのスクエア椅子になっているので、カップルには最高かも。

コスパ、最高!

 

エチカ(Echika)池袋 担々麺 香家の魅力を詳しく語る その2海老蒸しギョウザ、飲茶セット

香家 - 料理写真:痺れる!ホアジャオたっぷりの鬼・担々麺

www.koya.co.jp

https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130501/13100173/

 

エチカ(Echika)池袋の坦々麺専門店「香家」の魅力を3回にわたってお伝えしますが、今回は第2弾!

今回は「海老蒸し餃子」と「飲茶セット」について語ります!

 

まずは「海老蒸し餃子」

いろいろな種類の餃子があり、海老ニラ饅頭、海老蒸しクレープなど魅力的なラインナップが多々揃っていて充実しています。一通り食べましたが、私のイチオシは「海老蒸し餃子」です!

もちっもちの皮と、ぷりっぷりの海老!お塩が一緒についてくるので、それをちょっとだけつけて食べるのですが、まあ美味しい!一口サイズで、あっという間に食べ終わってしまうのがちょっとさみしいくらい。でも、後味も優しく、不思議とやさ~しいキモチになれる食べ物なんです!見た目もかわいらしく、もちぷり感が愛おしい(笑

 

そして「飲茶セット」

いろいろなセットがあり、お得なメニューがありますが、その中でも私は「飲茶セット」が大好き。だって、上に紹介した「海老蒸し餃子」と名物「担担麺」がセットで食べられちゃうから!そこにティーもつくんです。ジャスミンティーなど数種類から選べ、しかも「店員さんに伝えればお湯を足していただける」つまり、「おかわり自由」なのがうれしい!

私は、最初にジャスミンティーのホットを頼んで、空腹のお腹に質のいいジャスミンの茶葉の香りを沁みわたらせ、ホッとします。その後、「姫・担担麺」をすすり、途中でジャスミンティーでブレイクした後に「海老蒸し餃子」を食し、また担担麺に戻り。最後にはジャスミンティーのお湯を足していただき、おかわりをいただく・・・というコース。満足できるセットです!

 

次回は最終回!「香家」の魅力を伝える第3弾は、「ランチ」の魅力をお伝えします。かなりリーズナブルですよ。私はランチのコスパを知ってから、ランチタイムに出没するようになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

池袋駅エチカ6F 担々麺 「香家」の魅力を詳しく語る その1汁担々麺

http://scontent.cdninstagram.com/t51.2885-15/s480x480/e35/17882905_247542872319710_1631441768312471552_n.jpg?ig_cache_key=MTQ5Mzg2Mjg1MTI0NDY5MDA4MQ%3D%3D.2

 

 

www.koya.co.jp

駅シリーズ、引き続き、どんどんいっちゃいますよー!

雨でも傘いらずで便利ですよねー、駅ナカのお店って。

 

池袋駅 Echika(エチカ)池袋 6F 担担麺 「香家」

以前、ここで簡単に紹介しましたが、簡単すぎたので、3回にわたってここのお店を紹介したいと思います。

本日1回目は、汁あり担担麺 胡麻がきいた一品「姫・担担麺」

 

ここには、汁あり担担麺が2種類「鬼 担担麺」と「姫 担担麺」、汁なし担担麺が2種類「日式 担担麺」「麻辣式 担担麺」の4種類があります。

私のお気に入りは、ゴマが大好きなため、「汁あり 姫 担担麺」です。汁がまずミルキーでゴマの風味豊かで美味しい。ぴり辛ですが、辛いというほどでもない。細麺で、麺の固さがちょうどよい。本格的な、本場を彷彿させる担担麺なのです。

台湾、香港で食べた担担麺、特に香港で食べた「金萬庭」の担担麺がとっても美味しかったので、それを求めて歩いていましたが、ここは似てはいないけど、これはこれでかなり美味しいと思います。量もちょうどいいかな。

 

ちなみに、香港の「金萬庭」

このお店はかなり有名で、ベスト・オブ・レストランとして表彰されたりVIPも訪れるレストラン。お店自体もとてもゴージャスです。

https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E9%87%91%E8%90%AC%E5%BA%AD&aq=-1&ai=N.LwEtDbSjmJKrBi47BGBA&ts=1131&ei=UTF-8&fr=top_ga1_sa

 

 

他にも、「汁なし 麻辣担担麺」も美味しいです。これは、ビール(294円)と一緒にオーダーしたいところ。なぜなら、辛いからです 笑 お酒がよく進みます。麺が、ふつうと唐辛子を練り込んだものと2種類選べ、山椒も赤と青(舌がしびれる辛さ)から選ぶことがでいます。私は、唐辛子が練り込んだ麺とふつうの麺を経験、また赤山椒を経験しましたが、唐辛子が練り込んだ麺は辛かったー!よって、ふつうの麺を再来した際に頼んだら、ちょうどよかったです。隣りの席の男性が、青山椒に挑戦していて、「口の中を甘えさせちゃいけないってことだよな」とつぶやきながら、目に涙を浮かべて食べていました。。

 

ここのムードも好き。クッションやお部屋の小物など、チャイナな感じ。おひとりさまでも入りやすいのも魅力。半数以上は女性一人なことが多いです。向こう側のカウンターが、景色の見える窓に座って食事できるので、背面しか見せなくて済み、女性にとってはうれしいですよね。落ち着いてまったりできる、ここのお店は私の行きつけです。 

 

次回は、「その2 飲茶セットの威力、海老蒸し餃子のぷりぷり」をお伝えします!

 

https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130501/13100173/

 

 

池袋の手土産☆第1弾の感想②

先日は、池袋の手土産として第一弾!シュクリムシュクリ(シュークリーム専門店)の感想をご紹介しました。

http://ure.pia.co.jp/mwimgs/6/a/-/img_6a2c8db02fcff952e58fbfa768b0ab0179387.jpg

 

www.chouxcream-chouxcri.jp

期間限定シリーズの抹茶あずきの破壊力を熱弁し、6月の期間限定の「カフェモカ」もおいしいはず!次はそれを、と宣言してました。

カフェモカ、食べたので、その感想を今日は書かせていただきますね。

 

うん、もちろん、美味しかったです。ただ~。正直に言うと、驚き、というよりは、納得、という感じかな。ねえねえ、あのさー!と声高々にいうほどでもありませんでした。上品で香り高いクリームは、豪華な感じがして、貫録の一品ではありましたけど。大人が好きな味です。モカって感じがするかな。どうしてもチョコクリームの入ったシュークリームの方が私たちにとって日常的なので、モカ、かあ!という感じ。そういう意味では新しいかも。

自分なりに勝手なランキングをつけるとすると

1.抹茶あずき

2.スタンダード

3.シュークロワッサン

4.ラムレーズン、カフェモカ

という感じかなあ。カフェモカが最後になっちゃいましたが、ダメなわけでは全くございません。ここのお店のシュークリームは、シューの生地内側が「もち」になっていて、薄く生地をコーティングしてあるんです。このおもちが、ひと際存在感を放っていたのがカフェモカ味でした。ビターでほのかな苦みと、このおもちのふわっとした食感と甘みが、絶妙にコラボしてハーモニーを奏でているんです。

以前スタンダードを食べたときも、このおもちに感動しましたが、今回モカを食べて、改めて存在の価値を感じたっという意味では、モカちゃんありがとう!ですね。

 

「おもち」入りの生地が特徴的でもちふわカリ!で、中のクリームも上質で優しく軽い!最高のスイーツです。

290円で贅沢に楽しめるとは、シュークリームありがたし。ケーキだとそうはいかない。持ち運びも、ケーキよりは気を遣わなくても済む。手土産として、シュークリームって本当に便利ですね。

さらに、池袋のように店舗限定の味が置いてあるお店は、バラエティーに富んだ種類を詰めることができて、いろいろ飽きずに楽しめるし、「今回はこれを持ってきたよ~」と話題に事欠かないですね。トークも弾んで最高の手土産に♪

 

シュークリーム、万歳!!

 

 

 

赤羽駅 韓国料理 ユッケジャン麺に夢中♫

池袋から電車で8分離れたところ、赤羽駅

ここの駅構内に私をとりこにする韓国料理店があるのです!

韓国料理 パンチャンとジョン

https://s.tabelog.com/tokyo/A1323/A132305/13131611/

https://ramendb.supleks.jp/s/52973.html

 

いつも数名は行列が出来てる、密かに人気の店。

カウンター席5席だけというのも理由、だけのはずがない。

いつもその列が気になっていて、ある日並んでみたのです。

周りは赤々しい麺を頼む人が比較的多く、でも辛すぎたらどうしようと怯み、「ソルロンタン麺」というマイルドな麺を頼んでみました。美味しい。

ただ、爆発的旨さ、やみつきになるほど、でもなく、

合格点の美味というところ。

 

しばらく経ってから、その赤々しい麺「ユッケジャン麺」にトライしてみました。

「こ、こ、これだーーーーーっ!キターーー!」

人々が列に並ぶ理由がその時わかったのです。

コシのある麺、コクのあるピリ辛で甘みもまろみもあるスープ。なんといっても、入ってるナムルの美味しいこと!

スープを飲み干しても「もっと食べたい」と思わせる一品でした。

隣りの人が「ナムル2倍で」と…。うまいこと言うねー、と感心。追加料金¥100で頼めます。

 

それからというもの、足繁く通い続けて今に至ります。大盛り、ナムル2倍にもチャレンジしましたが、今度はお腹いっぱいすぎました。よって、もちょっと食べたい、くらいの普通でいつもオーダー。ポッサムユッケジャン麺という、豚肉追加のもありますが、私は普通が好き。

 

せっかちな私にとって、オーダーして2-5分で出てくるのもありがたいところ。ただ、女子率が限りなく100%に近いので、なかには携帯いじりながら一本ずつ食べてるようなスローなお客さんも。すばやく食べ終わるお客さんを見つけては心の中でGJ!と叫びながらいつもユッケジャン麺に並んでいるのです。

 

1度食べてみてください。

 

 

 

 

池袋手土産シリーズ第2弾の感想 生どら焼き専門店「DOU」

namadorayaki.com

2017年5月25日にOPENしたばかりの

生どら焼き専門店「DOU」

行ってきました食べました!

その感想をお知らせしますね。

 

OPEN翌日に行ったら、長蛇の列すぎて、列が2つに分かれて、しかも「おつくりするのにお時間がかかります」とまで案内。並んでいる人のささやきでは、二時間近く並んでいる人も。ちょっとさすがにその根性はなくて、その日は断念しました。

その一週間後の20時くらいに、再度お店に行ったら、列が1つで、回転もよかったので、チャンスと思って並んだところ、10分くらいですぐに買えました!

お店では、ガラス張りになっているので、作っている様子がしっかり見れて、並んでいるのもあっという間に感じられました。生クリームを注入している様子とか、求肥を添えているところとか。

近くでみると、ケースがすごい大きいのと、1つひとつのどら焼きが大きいのがよくわかりました。

 

お一人様4つまでしか買えないようで、私が見る限りのほとんどの人は4つ買っているように見えました。ピンクに淡いデザインが入ったパステルカラーの箱に詰めているようでした。私は今回自分しか食べる人がいないために「2つ!」と言ったら、柔らかい上質なビニール袋のお手提げバッグに2つ縦に入れてもらえました。のちにそれがお弁当袋になるのであります・・。

「本日含め、3日以内にお召し上がりください」

意外に賞味期限が長くて安心しました。(シュークリームは当日中だし)

 

さあ、感想ですが~。

んー。私は、どら焼きの生地は正直、慣れない感じがしました。ふわふわのパンケーキのような和のテイストも入れた甘い生地になっていて、新しい感じはしましたが、ちょっとどっちつかずな感じがしてしまったかな。

中のクリームはとろけてふわっとしていて大変美味だったのですが。小豆も求肥も「上質」というのが食べていて伝わりました。食べごたえがある1品。ただ、食後というのもあってか、食べきれずに1/3残してしまいました。他の人の感想も聞きたいです。

手土産としても最適で、値段もサイズも手ごろで、「プチ贅沢」お持たせにもなりますね。包装もお店の景観もとてもラグジュアリーでおしゃれ。

 

ぜひ、食べてみて感想聞かせてください。